インナーマッスル強化のすすめ

インナーマッスルを使っての運動やストレッチ、またウォーキングなど、いろいろなことをしたら、当然、痩せるはずですよね。



サイトトップ > インナーマッスルの勧め

スポンサードリンク

インナーマッスル強化のすすめ

インナーマッスルの勧め


筋トレと言う言葉は、昔からありますよね。スポーツをする人に限らず、軽い筋トレなら、健康のために誰もがやったほうが良いトレーニングです。


ですが、健康のためと言うよりも、昔から、外側の筋肉をムキムキとさせる目的で筋トレをする方が多かったですよね。現在のように「インナーマッスル」という言葉が、あまり知られていなかった時代です。


今では健康のためにも、スポーツするためにも、外側だけでなく内部の筋肉である「インナーマッスルを鍛えよう!」と提唱されています。ですが、筋肉は全部繋がっているので、厳密にどこからどこまでが、インナーマッスルかわからないと言われています。


敷いて、区別できるとしたら、意識して動かせる筋肉がアウターマッスルではないでしょうか?内側にある筋肉は自分の意思では動かせないような気がします。それに自分では鍛えても割れているところを見ることが出来ないですからね。


私たちは、ボディービルダーの人のように完成された体ではなくても、腹筋が割れていたり、肩にこぶが出来ていたりする人を、かっこいい、とか美しい肉体だと褒めます。昔で言う全盛期のスタローン(ロッキーなどでおなじみのマッチョな俳優さん)のような体は、男性は憧れ、女性は魅力的だと絶賛しました。もちろん、マッチョな人が苦手な女性もいるでしょうが、やはり、外筋が鍛えられている男性は、素敵ですよね。


では、アウターマッスルが強化されていると、見てカッコイイと思ってしまいますが、インナーマッスルが強化されている人に対しては、私たちはどのように感じるのでしょうか?やはり、それは動きではないでしょうか?


インナーマッスル強化のすすめ

MENU



スポンサードリンク